ここはTopページです

奥歯をイメージしたキャラクターがハブラシを持ってキラキラ輝いているイラストです。

札幌 審美歯科 矯正歯科

札幌審美歯科 えとう歯科

★まずは無料相談をどうぞ★

えとう歯科メニューページ

ブログ

★お知らせや新しい記事はブログをご覧ください★

【お問い合わせ】
メールフォーム

【Tel】
011-261-0810

えとう歯科(旧ラルズ歯科)ホームページへようこそ

えとう歯科では、口元をきれいに整える審美歯科、歯並びを整える矯正歯科、歯を白くするホワイトニング(歯の漂白)、セラミッククラウン(イーマックスプレス、ジルコニア)、ラミネートベニア、セラミックインレー(白いつめもの)、一般歯科治療についてのご相談をお受けしております。
何歳になっても歯は大事です。
歯が健康な人はからだも健康です。
美しさもだいじですが健康はもっとだいじです。
わからないことは何でも質問してください。
無料相談もご利用ください。

治療メニュー

審美歯科

ホワイトニング(歯の漂白)、セラミッククラウン(白いかぶせもの)、ラミネートベニア、歯のすきま治療、セラミックインレー(白いつめもの)、歯のマニキュア

矯正歯科

矯正治療全般、成人矯正、マウスピース矯正、部分矯正、床矯正、咬合誘導

インプラント

AQBインプラント、プラトンインプラント、OGAインプラント

予防歯科

クリーニング、レーザー治療、口腔衛生指導

一般歯科

虫歯、歯周病、歯石除去、抜歯、クラウン、ブリッジ、入れ歯、スポーツマウスガード、移植治療、ノンクラスプデンチャー、口内炎治療

くわしい治療メニューは「えとう歯科メニューページ」をご覧ください。

えとう歯科 住所

札幌市中央区南3西3メッセビル4F
えとう歯科(011-261-0810)
歯科医師 えとうよしたけ

メールフォーム

2階にびっくりドンキーさまがあります。セブンイレブンさまのとなりです。

治療費用

治療費用は、健康保険診療と健康保険診療がありまして、以下のようなちがいがあります。
健康保険診療の価格は、全国一律同じ価格に決められています。
一方、健康保険外診療は、各歯科医院によって個別に価格が設定されています。

お支払い方法につきましては(えとう歯科では)、健康保険診療の場合は毎回治療後に現金にてお支払いをお願いしております。
健康保険外診療の場合は、現金、クレジットカード、デンタルローンをご利用いただくことができます。
健康保険外診療は、自費診療あるいは自由診療という言い方をすることもあります。

えとう歯科の健康保険外診療の費用は、「健康保険外治療費用のご案内」に書いてありますので、どうぞ参考になさってください。

医療費控除

医療費控除とは、医療費負担に応じて税金を軽くしようという国の制度です。
健康保険診療分の費用も、健康保険外診療分の費用も原則として医療費控除の対象になります。

医療費控除は、治療の進み方とは関係なく実際に費用を支払った年の課税所得から控除する仕組みです。
ただし10万円までの医療費は通常発生する費用と考えられていますので、医療費控除の対象になりません。
そのほか健康診断にかかった費用も対象になりません。

歯科治療で 医療費控除の対象になるのは、ごくふつうの虫歯治療や歯周病の治療などのほか、セラミックを用いた歯科治療も医療費控除の対象になります。
矯正治療に関しましては、容貌を美化することを目的とした場合は医療費控除の対象になりませんのでご注意ください。
治療のための交通費(交通機関を利用した場合に限定されます)も医療費控除の対象になります。

くわしくは国税庁のホームページ「No.1128?医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例」でご確認ください。

デンタルローン

えとう歯科でとりあつかっているデンタルローンの正式名称は、「スマイルラインデンタルクレジット(セディナ社)」というものです。
このローンシステムの大きな特徴は、36回まで無金利であるという点です。
一般的なローンではローンを利用される方が金利を負担しますが、スマイルラインデンタルクレジットでは治療を担当する医療機関が金利を負担する仕組みになっています。

スマイルラインデンタルクレジットの申し込み可能金額は、3万円〜500万円となっていますが、えとう歯科では歯科治療の特性と歯科医院におけるスムーズな運用を考慮しまして、税込15万円以上の治療に適用させていただいています。
返済コースは均等分割返済のみを採用しています。

ホワイトニング(歯の漂白)

ホワイトニング(歯の漂白)の方法はたくさんあります。
ホームホワイトニングだけを行う方法、オフィスホワイトニングだけを行う方法、ホームとオフィスの両方を行う方法などです。
その中にはそれぞれ新しく考え出された方法や改良型などもありますので、把握しきれないくらいたくさんあります。

これまでえとう歯科ではいくつかの方法を取り入れてみましたが、マウスピースを用いる従来型のホームホワイトニングにややマイルドなオフィスホワイトニングを加えた方法がいちばん効果があり、安定感もあると考えています。

ホームホワイトニングの具体的な手技はえとう歯科ホワイトニングのページをご覧ください。
オフィスホワイトニングの手順も参考にしてみてください。

セラミッククラウン

セラミッククラウンは審美歯科の代表的な治療方法です。
その歴史はとても古く、以前はメタルボンドクラウンといって、金属とセラミックを結合させたセラミッククラウンが主流でした。
現在はできるだけ金属を使わずに、セラミック素材だけで完成されたセラミッククラウンを活用する流れになってきています。
オールセラミッククラウンということばを聞いたことがあると思いますが、それが現在主流となっているセラミッククラウンのことです。
オールセラミッククラウンというのはいわゆる分類方法の名前で、実際に治療に応用するオールセラミッククラウンには素材や作製方法により、イーマックスプレスというものとジルコニアセラミッククラウンというものがあります。どちらもきれいで丈夫なつくりになっていますが、より強度を必要とする治療ケースにはジルコニアセラミッククラウンがよく用いられます。

セラミッククラウン関するご案内は、えとう歯科セラミッククラウンのページをご覧ください。

歯のすきま治療

歯のすきまに応用できる治療方法は、矯正治療、セラミッククラウン、ラミネートベニア、樹脂製の材料をはりつける方法などがあります。
それぞれメリット、デメリットがありますす。歯のすきまの程度や状態によっても治療方法は変わってまいります。
えとう歯科で第一選択としておすすめすることが多い治療方法は、樹脂製の材料をはりつける方法 です。
この治療方法は、歯の側面に接着剤を塗って、樹脂製の材料をほんのわずかはりつけて歯のすきまを閉じる方法です。治療時間は20分ほどです。
この治療方法のメリットは、その日のうちに治療が終わること、歯をけずらないこと、ほかの治療方法にくらべて比較的費用が安価であることなどです。
デメリットとして考えられるのは、はずれる可能性があるということです。と言いましても、かれこれ25年ほどはずれずにそのまま良好な状態を維持しておられる患者さまもいらっしゃいますので、うまくいけばかなり長持ちしてくれると考えています。
この治療方法は、成人の方を対象にしています。
治療ができる箇所は主に上の前歯です。

歯のすきま治療に関するご案内は、えとう歯科歯のすきま治療のページをご覧ください。

スポーツマウスガード

アメリカンフットボールやラグビーなどのように激しいコンタクトプレーがくり返される競技や、相手と組み合ったり打撃によって勝敗を決する格闘技などにおいては、身体にさまざまな損傷を受ける可能性があります。
特に口のまわりは歯と骨のような硬い組織が内側にひかえていますから、皮膚や粘膜を損傷する機会は非常に多いです。
歯や骨自体も損傷する可能性がありますから、それらを保護するためにもスポーツマウスガードの装着は必須と言えるでしょう。
競技によってはルールでスポーツマウスガードの装着が義務づけられているものもあります。

スポーツマウスガードに関するご案内は、えとう歯科スポーツマウスガード(すみません現在執筆中です..)のページをご覧ください。

このページの先頭へ

えとう歯科メニューページ