ブログもご覧ください。 011-261-0810

セラミックインレー治療例

銀色から白いつめものへと交換した治療例を見てみましょう


セラミックインレーの治療前、治療後の状態の写真です。

虫歯の治療を受けたら白かったはずの歯が銀色になってしまった、という経験はありませんか?

虫歯を取り除いたら、できるだけ白い素材のつめものを施して、元の白い歯にもどすのが自然な感覚、考え方だと思います。
つめものが銀色だとせっかく治療が終わっても何となくよろこべないですよね。

特に下の奥歯は口を開けるたびに人目にさらされますから、下の奥歯こそ白くしておくべきなのです。
写真のように、セラミックインレー(健康保険外治療)などの白い素材をつめて、違和感のない状態に回復しておくと安心して口をあけることができます。

健康保険治療にも白いつめもの があります。
けずってその日につめる「CR充填」と、けずって型とりをしてから後日つめる「CRインレー」という治療です。

セラミックインレー(1)
ハイブリッドセラミック

費用:1本につき25,000円(税別)
期間:2〜3回程度の通院を目安にしてください。


セラミックインレー(2)
イーマックスプレス

費用:1本につき50,000円(税別)
期間:2〜3回程度の通院を目安にしてください。