ブログもご覧ください。 011-261-0810

矯正治療例(5) 前歯中心の矯正

前歯中心の矯正治療のメリットは、矯正装置の違和感が少なくてすむという点、比較的短期間で治療を終わることができるという点、矯正装置が前歯中心(あるいは小臼歯部分に一部さしかかりますが)ですので、全体的な矯正治療にくらべて食事が幾分スムーズであるという点などがあげられます。

ただし歯列不正の箇所がが前歯だけであったとしても、歯の重なりが強い場合は、抜歯をともなった全体的な矯正治療になることもあります。

上前歯だけの矯正治療例


矯正治療前の状態で、右前歯が奥に引っ込んでいる状態の写真です。
矯正治療がすんで、右前歯が正常な歯列に回復された状態の写真です。

1本が内側に入りこんでいて、そのほかの前歯はわずかにねじれています。
この方は上の前歯だけを治したいという希望でしたので、その意向に沿いました。

内側に入っている歯は、歯みがきがしづらいので、ほかの歯よりも濃い着色が起こります。
虫歯にもなりやすいので注意が必要です。

上下前歯のわずかなでこぼこの歯並びを治した治療例


矯正治療前のでこぼこの歯並びの状態の写真です。
矯正治療が終わり、でこぼこの歯並びが改善された状態の写真です。

上下前歯のでこぼこの状態を整えることを目的として治療を開始しました。
前から見るとそうでもありませんが、横から見ると上の前歯がかなり突出している状態の歯列不正でした。

犬歯と臼歯(奥歯)の位置をできるだけ動かさずに、上下前歯(合計8本)だけを少しずつ動かして治しました。

上まん中前歯2本のねじれを治した治療例


矯正治療前の上前歯がねじれた状態の写真です。
矯正治療が終わり、ねじれが改善された状態の写真です。
矯正治療が終わった段階で、ホワイトニングを行いました。白い歯になった状態の写真です。

上の前歯2本がねじれているケースです。
矯正治療後、ホワイトニングを行いました。