ブログもご覧ください。 011-261-0810

矯正治療例(1) 叢生(そうせい)

叢生とはでこぼこ重なった歯並びのことです

叢生は日本人に多くみられる歯並びです。
最近は、歯の大きさに対してあごの骨が小さい、あるいはあごの骨に対して歯が大きいという若い方が多いので、矯正治療を希望されるきっかけとしていちばん多いのがこの叢生のようです。

学童期に乳歯から永久歯のはえかわりを利用して歯を並べてゆく『咬合誘導』がうまくいくと、叢生にならずにとても自然なしあがりになります。
学童期の成長発育に合わせて歯を並べるのは理にかなった治し方だと思います。
この時期は骨がとてもやわらかい状態にありますのでで、無理なく歯を動かせます。
動かし終わったあたりがちょうど骨の完成時期に重なりますので、理想的な歯並びができあがるのです。

学童期に治すことができなかった方は、成人してからでも治せますのでご安心ください。
その場合、歯を並べるためのスペースづくりとして部分的に歯を抜くことがあります。
抜歯以外の方法としては、歯の側面を一部形態修正してすきまを設けてから治す方法もあります。

叢生の治療例(1)を見てみましょう


歯がでこぼこに重なり合っている歯並びの状態の写真です。
矯正治療が終わり、歯並びが整った状態の写真です。

少しだけ歯がねじれていて、部分的に重なっているケースです。
このくらいであれば歯を抜かずに治すことができます。

叢生の治療例(2)を見てみましょう


上前歯の2番めが内側に引っ込んでいる歯並びの状態の写真です。
矯正治療がすんで、きれいな歯並びに改善された状態の写真です。

歯の重なり大きいケースで、しかも歯の大きさに対してあごの骨が小さい(あるいはあごの骨に対して歯が大きい)場合には、歯を数本抜いてから治療を開始することがあります。

全体的にワイヤーを使った矯正治療

費用:500,000円(税別)〜
上のみ、下のみは250,000円(税別)〜
そのほかに調整費用がかかります。

期間:数ヶ月〜数年(個人差があります)

矯正治療の期間について

できるだけ早く終わってあげたいというのが正直な気持ちです。
けれども大人の方の場合は後戻りという現象が起こりやすいので、じっくり動かしてしっかり保定(ほてい)しておく必要があります。

矯正治療は装置のついた生活なので不便なことも多いと思いますが、その分装置がはずれたときのよろこびはとても大きいです。
じっくり取り組むことができた方の治療はとても仕上がりがきれいで、長年良好な状態が続きます。
急がずにじっくり取り組みましょう。