ブログもご覧ください。 011-261-0810

矯正治療例(3) 裏側からの矯正治療

最近の矯正装置は白いブラケットが主流ですので、かなり目立たなくなってきていますが、職業によっては矯正装置が見えては困るという場合があります。
アナウンサーの方や、モデル業のようなテレビや雑誌で活躍されている方にとってはとても重要な問題のようです。

そのほか一般の方の中にも、強いこだわりがあって「絶対に人に知られたくない」という方もいますので、そのような方たちにとっても裏側からの矯正治療は必要なものになっているのだと思います。

裏側からの矯正治療例


裏側の矯正装置の写真です。
裏側の矯正治療をする前のねじれた歯並びの状態の写真です。
裏側の矯正治療がすんで、整列したきちんとした歯並びの状態の写真です。

裏側からの矯正治療は上段写真のような装置を使います。
下の歯にはもう少しコンパクトな装置を装着します。

裏側からの装置だけでは細かくていねいに歯を動かせなくなる状況をむかえることがありますので、そのような場合は一時的に表側にワイヤーを装着して治したり、マウスピースを使って治したりすることもあります。

裏側からの場合、治療を開始して間もないころ、発音や咀嚼(そしゃく)が思いどおりに行えないことがありますが、徐々に慣れてゆきます。
裏側の矯正治療の場合、表側の矯正治療よりも治療費用や治療期間が多めにかかりますので、十分にご検討なさってから治療を受けるようお願いいたします。

矯正治療の後戻りについて

個人差がありますが、矯正治療が終わってから何年かたつと、徐々に後戻りが起こることがあります。
それが純粋に後戻りなのか、歯周病や老化などによるものなのかは判断がむずかしいところですが、いずれにしてもそのような状態が確認できましたら、なんらかの処置を行っておいたほうがよいと思います。

最近よくご相談をいただくのは、上前歯の中央部分(正中)にすきまができて困っているというケースです。
たまたま私の医院では、樹脂製の材料を用いた歯のすきま治療を行っていますので、ホームページなどでそれを知った方たちが相談に来られるのだと思います。
はなしを聞いてみますと、ほとんどの方が再度ワイヤーを使って治すのは考えていないけれど、すきまは閉じたいという希望を持っているようです。
すきまがわずかであれば、すきま治療で治しておいたほうがかんたんですし、安心だと思います。