ブログもご覧ください。 011-261-0810

矯正治療例(2) 全体的な歯列不正

歯並びが全体的にでこぼこしていて、ねじれも生じているような場合、全体的に矯正装置を施して治すことになります。
建築にたとえると建て替えのようなものです。

このようなケースは、一見大がかりに感じられるかもしれませんが、じつは部分的な矯正治療よりも治しやすいのです。
部分的な矯正治療は限られたスペースで、限られた方法によって治さなければならないので、不自由な面も多く、苦労すること多々あります。

全体的な矯正治療は、やや大がかりになるとともに治療期間もやや長めになってしまいますが、劇的な変化をともなって治るということもあって、終わったときのよろこびはとても大きいようです。

抜歯を必要とする矯正治療例


全体がでこぼこで重なりやねじれの多い歯列不正の歯並びの写真です。
矯正治療が適切に行われ、きれいな歯並びになった状態の写真です。

それぞれの歯がねじれていて、正中(まん中)もずれていましたので、じっくりと歯の段差を整えながら、上下のかみ合わせを調整してゆきました。
前歯が前突気味でしたが、4本の歯を抜くことで、すっきりとした口元にしあげることができました。
期間:1年半(上下ワイヤー使用、小臼歯4本抜歯)

抜歯を必要としない矯正治療例


歯の重なりがあるため、正中がずれている歯並びのs状態の写真です。
矯正治療が終わり、全体がきれいに並んだ歯並びの状態の写真です。

治療前は上下犬歯の位置がずれていたために、犬歯を中心としたスムーズなあごの動きができていませんでした。
そのほか右側2番目の歯が内側に入りこんで、かみ合わせがロックされていたことも、あごの動きに影響していたと考えられます。

矯正治療後、あごの動きがスムーズになり、かみ合わせも改善され、上下の正中(まん中)もぴったり一致するようになりました。
期間:2年(上下ワイヤー使用、非抜歯、ジスキング実施)

矯正治療における抜歯について

矯正治療を始めるにあたって、歯を抜くかどうかが大きな問題となりますが、最近は抜かないで治してほしいというご要望が多いこともあり、その方面の治療方法が盛んに研究されています。
しかしながら、抜かずに治そうとすると口元のおさまりがよくならないケースもありますので、抜いて治す方法は今なお有効な手段であると考えられています。

非抜歯の治療においては、歯の側面を少しだけけずってスペースを確保し、歯並びを横に広げながらしあげることで、抜歯と同等の効果が得られることがあります。

いずれの場合も、あごの大きさ、歯の大きさ、かたち、歯の本数、歯並びの状態などをよく調べてから、歯を抜くべきかどうか、抜く場合はどの歯を抜くかなどを検討し、治療を進めてゆきます。