ブログもご覧ください。 011-261-0810

ラミネートベニア治療例

ラミネートベニア治療例(1)を見てみましょう


上前歯にすきまのある歯並びの状態の写真です。
ラミネートベニアを施して、すきまがなくなった状態の写真です。
つけ爪のような形をしているラミネートベニアの写真です。

私たちの歯の表層にはエナメル質という透明性の高い組織があります。
歯の色が暗い、歯の形がよくない、歯の間にすきまがある場合、エナメル質の部分だけをわずかにけずって、そこにつけ爪のような形をしたセラミックのシェル(写真下段)をはりつけます。
この治療方法がラミネートベニア:薄膜状の貼りものとでも言いましょうか、とても自然な質感の歯ができあがります。
歯の色、形、すきまなどを改善することができます。

*セラミック製のラミネートベニアは色の変化がほとんどありません。
*ラミネートベニアは別名『人工エナメル質』とも呼ばれています。
*すでにクラウン(さしばなどの人工歯冠)が装着されている歯には応用できません。

ラミネートベニア(1)

費用:1本につき70,000円(税別)〜
このケースは4本ですので280,000円(税別)を目安にしてください。

期間:2〜3週間程度を目安にしてください。


ラミネートベニア治療例(2)を見てみましょう


治療前の上前歯にすきまのある状態の写真です。

治療前の状態です。
まん中に大きめのすきまがあります。
右側2番めの歯にもすきまがありますが、このすきまは先天的に歯の形が細いために生じているものです。
まん中2本と、右側2番めの合計3本が治療を行う歯です。

歯の表側をけずって、これからラミネートベニアの型とりをする段階の写真です。

歯の表側をけずったところです。
この日はこのあと型とりをして、かりばを装着しました。
型とりをしてから、ラミネートベニアの本体であるセラミックのシェルを作製します。
本数にもよりますが、7〜10日の作製日数がかかります。

できあがったラミネートベニアのシェルを合わせている写真です。
同じくできあがったラミネートベニアのシェルを合わせている写真です。

できあがったセラミックのシェルを一枚ずつていねいに接着してゆきます。

ラミネートベニアの装着が完了した状態の写真です。

接着が終了した状態です。

ラミネートベニア(2)

費用:1本につき70,000円(税別)〜
このケースは3本ですので210,000円(税別)を目安にしてください。

期間:2〜3週間程度を目安にしてください。