ブログもご覧ください。 011-261-0810

歯のすきま治療例

歯のすきま治療例(1)を見てみましょう


歯の間にすきまがある歯並びの状態の写真です。
歯のすきま治療を施して、すきまが閉じられた状態の写真です。

歯のすきまで悩んでいる人は意外と多いものです。

歯のすきま治療で来院される方のほとんどの方が上写真のようなすきまの状態で、比較的かんたんに治るレベルです。
この治療例は、歯の側面に接着剤で樹脂製の素材(コンポジットレジン)をはりつける方法ですきまを閉じています。

その日のうちに治療が終わりますので、とてもよろこばれています。
治療時間はだいたい20分程度です。
ただし、治療の前にご要望をうかがったり、すきまを閉じる治療ができるかどうかなどを診断する時間もかかりますので、治療は後日あらためてということになる場合もありますので、その際は何卒ご理解をお願いいたします。

この治療方法のメリットは、その日のうちに治療が完了するということ、歯をけずらずにすきまを閉じることができるということなどです。
費用もほかの方法(矯正治療やラミネートベニア、セラミッククラウン)などにくらべて比較的安価ですので、この点もメリットといえるでしょう。

この治療方法は成人の方を対象にしています。

歯のすきま治療(1)

費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。

期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日の治療になります。


歯のすきま治療例(2)を見てみましょう


上前歯にすきまがある歯並びの状態の写真です。
歯のすきま治療が完了して、歯のすきまが閉じられた状態の写真です。

歯のすきま治療を行うことによって、すきまをなくすことはできますが、結果として歯の横はばが大きくなってしまうことがあります。
まん中の歯2本はもともと大きい歯であるため、それらがさらに大きくなるととても目立ってしまいます。
ですので、治療前にその点が問題ないかどうかなどを十分確認させていただきましてから、治療を行うようにしています。

どれくらいのすきまの幅(広さ)までなら治療が可能なのかという点につきましては、前述しましたように治療後の見た目の問題もありますが、接着する樹脂製素材が大きくなるとはずれやすくもなりますので、接着強度やかみ合わせの状態なども合わせて診断するようにしています。。
そのような理由から、治療ができるかどうかの判断につきましては歯科医師にご一任くださるようお願いいたします。

はずれてもいいからとりあえず治療してほしいというご要望にはおこたえしておりませんので、何卒ご理解をお願いいたします。

歯のすきま治療(2)

費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。

期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日の治療になります。


歯のすきま治療例(3)を見てみましょう


上の前歯2番めが細くなっている歯の状態の写真です。
歯のすきま治療ではありませんが、同じような治療で歯の形を整えた写真です。

歯のすきまとはちょっとちがうかもしれませんが、歯の先が細くなっていると結果的にすきまのように見えてしまうことがあります。
このような先細りの歯を整える場合、ラミネートベニアか樹脂製の素材を接着する方法のどちらかを応用することが多いです。

この治療例では樹脂製素材を接着する方法を応用しました。

歯のすきま治療(3)

費用:1か所につき10,000円(税別)
このケースは2か所ですので20,000円(税別)を目安にしてください。

期間:その日のうちに治療が完了します。ご相談が長びいた場合は後日の治療になります。